daichi20171012_4

ダイチDaichi

Human Beatboxer/YouTubeクリエイター

10歳の頃から、独学でヒューマンビートボックスを始める。
楽器を一切使わず、口から50種類以上の音色を出すことができ、
更にはリズムとメロディーを同時に奏でることができる。
自分の口から出る音だけで、音楽を完成させるパフォーマンスを行う。
18 歳の頃、自宅で撮った動画をYouTube にアップしたところ、全世界から注目を浴びる。
トータル総再生回数は3億回を突破した。

SUMMER SONIC2012、COUTDOWN JAPAN、Star Fes 等の大型音楽フェスや、
クラブイベント等を中心にライブ出演している。
マイク1本のビートボックスや、ループステーションで
自分の声をリアルタイムで重ね合わせて音楽を完成させるステージ、
そして他ボーカリスト・ダンサー・DJ等のコラボパフォーマンスで、
唯一無二なライブステージを繰り広げる。

久保田利伸氏とのコラボ演奏「上を向いて歩こう」(2013年1月、横浜アリーナ)、
SMAPのダンスとDaichiのビートボックスのコラボパフォーマンス(2013年4月、「SMAP×SMAP」)の他、
Backstreet Boys ・Boyz II Men ・Pentatonix 等、海外のミュージシャンからもリスペクトをうけ、
2011年には、Boyz II Men のジャパンツアーでオープニングアクトを務めた。

2012年、ニューヨークにある名門ライブハウス・アポロシアターが主催する
オールジャンルのパフォーマンス大会では、
日本人ミュージシャンとして初の年間決勝戦進出を果たし、世界3位の称号を得て帰国。

2013年2014年連続で、サンフランシスコ「J-POP SUMMIT FESTIVAL」に日本人アーティスト代表として出演。
1万人のローカルファンの前でビートを奏た。

その他、マレーシアや台湾等、海外(サンフランシスコ、シカゴ、シンガポール等)で
ライブ活動も積極的に行っている。

今、中高生を中心に、Daichi のフォロワーが確実に増えており、
Twitter、LINE公式アカウントは15万人超のフォロワーがいる。

 

 

 

 

活動歴

<TV>

  • CX 「SMAP×SMAP」
  • NTV 「スッキリ」
  • NTV 「ZIP!」
  • NTV 「未来シアター」
  • NTV 「スクール革命」
  • CX 「全力教室」
  • NTV 「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」
  • NTV 「ナカイの窓」
  • NTV 「世界番付」
  • NHK「バナナ♪ゼロミュージック」

<LIVE>

  • rockin? on presents COUNTDOWN JAPAN 10/11
  • BOYZ II MEN Japan Tour
  • SUMMER SONIC 2012
  • Beat Connection 2012 @横浜アリーナ
  • STAR FES2013
  • YouTube FanFest2014
  • SPOTLITE音楽祭 @中国 広州
  • The Creators

<CM>

  • 花王ヘルシアウォーター
  • SONY WalkMan
  • NIKE
  • KIRIN
  • アサヒ飲料
  • ロッテ
  • 明星?品
  • newbalance
  • HOYA
  • スパイシーソフト
  • Panasonic(WEB CM)
  • 山芳製菓(WEB CM)